店頭POP

お客様に売場で商品を認知してもらうために欠かせないのが店頭POPです。
他社製品に比べ『どんな点に優れているか』『どんな機能をもっているか』などアピールポイントをわかりやすく訴求し、購買につなげる事が店頭POPの役割です。

店頭POPは仕様環境も様々で、商品周りに設置する小型の店頭POPから、売り場づくりをする為の中型・大型POPがあります。また、複数の店頭POPを設置する事でコーナー化し、ブランド陳列をする事もできます。使い方ひとつでより訴求効果を高める事ができるのも店頭POPの特徴です。

お客様が『つい立ち止まってしまう』そんな店頭POPの製作は、是非ともスリー企画へお任せください!

販促POP

様々な素材や形状・大きさを考慮し、バリエーションに富んだ販促POPのご提案をいたします。

POP・ディスプレイ

いかに他の商品との差別化を図るかをテーマに、売り場で存在感が出せるディスプレイを提案いたします。

サインディスプレイ

会社イメージ、ブランドイメージに沿った素材選び、手法のご提案をいたします。

POPの種類について

家電・薬品・食品・サービス・ITなど、様々な商品が扱われている中、
POPの形状・種類なども多くの種類が存在しています。

【 スウィングPOP 】

商品陳列棚のプレイスレールに取り付けられているPOPです。小型で取付も簡単なオーソドックスなPOPです。スーパー/コンビニ/ドラッグストア/家電量販店など、大量の商品陳列が行われる売場でよく使用されています。

【 電子POP 】

デジタルサイネージとも呼ばれます。POP製作をする上で、印刷を施して形にしていくものが多い中、動画を再生する事が出来るので、短い時間で多くの情報を音と合わせて訴求が出来るPOPとなります。

【 等身大POP 】

人の姿見の大きさの大型POPです。遠目から見た時にも目立つサイズですので、その分アテンション効果の高いアイテムです。より大型のものでは、映画館の上映告知などに使われるスタンディなども挙げられます。中にはタレントやスポーツ選手などの有名人が印刷されることも多いのが等身大POPの特徴です。また、変わった等身大POPでは人の顔の部分が窓抜きになっていて、記念撮影に使われるものもあります。

【 トップボード 】

商品陳列棚、ディスプレイ棚、冷ケースの上部など、商品が陳列している上部に取り付けられるPOPです。比較的遠目から見ても、商品の陳列場所やその商品がどんなものなのかが訴求する事が出来ます。一般的には平型のパネルですが、紙・樹脂のパーツを組み合わせる事で、実商品を模した立体パッケージなどを取り付け、商品訴求を行う為の立体POPとしても製作する事も出来ます。

【 仕切りPOP 】

商品陳列棚、冷ケース棚などに設置されているPOPで、人の導線の正面に向けて訴求を行うのではなく、横に向けて訴求を行います。商品陳列棚のフェース確保や、ブランドごとに陳列した際のスペースを明確に訴求する事が出来ますので、消費者の方が商品を探しやすくなるといったメリットも生まれます。

【 ハンガーPOP 】

天吊りバナー/吊り下げPOPなど、のぼりをなどを吊る形で設置するものをハンガーPOPと呼びます。その他、商品陳列棚以外のスペースに商品を陳列するディスプレイ什器として使われることも多いです。具体的には、ゴンドラ什器のサイドパネル、レジ横の空いたスペースに吊り下げる事で、無駄になっているスペースを有効活用する形で用いられたりします。

素材について

ディスプレイ什器、店内POPについて、数多く種類がありますが、
素材で分けていくと大まかには下記の種類に分けられます。

●紙    カード紙・ダンボール・合成紙・特殊紙など
●樹脂   PET・アクリル・PPなど
●樹脂   PET・アクリル・PPなど
●金物   スチール・ステンレスなど
●木    無垢材・突板・化粧板など
●布    ポンジ・サテン・コットン・ターポリンなど

素材自体は種類で分けてしまえば決して多くはありません。
設計や素材特性の知識が必要となりますが、ディスプレイ什器・店内POPのリクエストに適した素材を組み合わせ、
強度・機能・装飾を考慮しながら形にしていくだけとなります。

お問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせはこちら