株式会社スリー企画 トップページ > ディスプレイ什器

ディスプレイ什器

ディスプレイ什器とは、売場構成をする上で欠かせないツールです。
大きく分けると『販売を目的とした什器』『展示を目的とした什器』に分けられます。

什器の材質は、『アクリルなどのプラスチック什器』『ダンボールなどの紙什器』『スチールなどの金属什器』『木製什器』などが挙げられます。様々な素材を組み合わせ、アイデアのある什器をご提案いたします。

材質の選定は設置場所の環境、設置スペース、什器のサイズ、形状、耐久性、使用期間によって異なります。また、複数の素材を組み合わせる事で、より訴求効果を高める事も可能です。

機能的で使い勝手の良いディスプレイ什器の製作は、是非ともスリー企画へお任せください!

アクリル什器

高級感や透明感を演出したい場合や長期使用をお考えの場合にお勧めです。

ダンボール什器(段ボール什器)

短期間の使用や訴求面を多く使いたい場合にお勧めです。

スチール什器

耐荷重が必要な場合や長期使用をお考えの場合にお勧めです。

木製什器

高級感を演出したい場合や自然の風合いを強調したい場合にお勧めです。

ディスプレイ什器の種類について

ディスプレイ什器とは、売場構成をする上で欠かせないツールです。
大きく分けると『販売を目的とした什器』『展示を目的とした什器』に分けられます。

販売を目的とした什器

【 ゴンドラ什器 】

一番オーソドックスなものと言えば、スーパー・コンビニ・百貨店・家電量販店など、全ての売場で設置されているゴンドラ什器が挙げられます。陳列棚の高さを変える事で、幅広い商品を陳列する事が出来ます。独立して島陳列する事ができるワゴン什器もよく使用されます。

【 カウンター什器 】

レジ横などに設置されている小型の什器です。小さいスペースを無駄なく使用でき、会計待ち時のついで買いなどを意図して設置されることもあります。また、目につきやすい場所を選んで設置する事ができるので、一定の訴求効果を狙う事が出来るのがカウンター什器の利点です。

【 フロア什器 】

ワゴン什器と同じく、島陳列する事も可能な自立式の什器です。大型の什器が設置できない商品陳列什器同士の空いたスペースや、ゴンドラ什器のエンド脇などに多く設置されています。

【 カタログスタンド 】

小型、大型のものさまざまありますが、商品には案内カタログは必ず付随してくるので、商品訴求には必要なアイテムとなります。カタログスタンド単体としてではなく、什器の一部にカタログ収納を兼ねて製作する事もあります。

【 ジャンブル什器 】

ジャンブル什器は商品を整列しておくものではなく、商品を投げ込みにて並べる陳列什器です。不定形・小さい商品の場合に用いられることがある店舗什器です。

【 ネット什器 】

商品または、フック状のものを引っかける事で商品を陳列する事が出来る什器です。ネット什器の大きな利点は、物を引っかける場所を変える事で、商品ごとに陳列スペースを変える事が出来る汎用性がある事です。ゴンドラ什器の背面・サイドパネルがネットになっている場合もあります。

【 ハンガー什器 】

ハンガー什器は天吊り什器とも呼ばれます。設置スペースが無い場合や、人の導線を邪魔したくない場合に多く用いられます。また、目線より上に設置する事ができるので、アテンション効果が高く、レジ、カウンターの上部など人の目に留まりやすいようにする事が多いです。

展示を目的とした什器

【 ディスプレイ什器 】

商品などをより目立つように展示するのがディスプレイ什器です。ブランドイメージや、どんな商品なのかを訴求する目的で使用される事が多いです。LEDサイン・サイネージなどを組み込み、アテンション効果を高めつつ、より多くの情報を伝える事も出来ます。

【 化粧品什器 】

主に百貨店、ドラッグストアの化粧品売場などに設置されている什器です。実商品を手に取れる形で、ディスプレイしながら陳列させてあるものも多いです。素材は高級感を演出する為、アクリルで作られていることが多い展示什器です。また、紙什器で作られることもありますが、スペシャリティーズなどの特殊紙を用いて、デザイン・形状に変化をつける事で高級感を出す事も出来ます。

【 アクセサリー什器 】

化粧品什器とは異なり、ショーケースの中で厳重に管理されている事が多いです。盗難防止の配慮がされている為、普段は商品を手に取る事が出来ないようになっています。用途としては展示什器として用いられることが多いです。

【 カウンターディスプレイ/カウンター什器 】

カウンターディスプレイは、テーブル、ショーケースの上に設置し、商品を魅力的に見せます。また、店員との対面形式で使用されているものもあります。他にも、ゴンドラ什器のディスプレイ棚に設置をし、無人で商品テストなどを行えるようにしてあるものもあります。

素材について

ディスプレイ什器、店内POPについて、数多く種類がありますが、
素材で分けていくと大まかには下記の種類に分けられます。

●紙    カード紙・ダンボール・合成紙・特殊紙など
●樹脂   PET・アクリル・PPなど
●樹脂   PET・アクリル・PPなど
●金物   スチール・ステンレスなど
●木    無垢材・突板・化粧板など
●布    ポンジ・サテン・コットン・ターポリンなど

素材自体は種類で分けてしまえば決して多くはありません。
設計や素材特性の知識が必要となりますが、ディスプレイ什器・店内POPのリクエストに適した素材を組み合わせ、
強度・機能・装飾を考慮しながら形にしていくだけとなります。

お問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせはこちら